実施中の調査

トップページ  >  実施中の調査

 「社会的平等についての政治家調査」の概要 

一般社団法人 中央調査社は、社会的平等観研究会(研究代表者 筑波大学 教授 竹中佳彦)から委託を受けて、「社会的平等についての政治家調査」を実施しております。


■ 調査の目的
 本調査は、グローバル化と「格差社会」の進展、統治機構改革といった環境変化の下で、①政治家の皆さまの「平等観」や政策選好がどのように変化したか、②政治家の皆さまが、何を考え、市民から表出される利益をどのぐらい政策に反映させているのか、③都道府県レヴェルにおける政策決定に対する影響力構造や政策ネットワークがどのように変容したのか、などを明らかにすることを目的としています。


■ 調査をお願いする方
 この調査は、14道府県(北海道、山形県、福島県、茨城県、千葉県、新潟県、静岡県、大阪府、和歌山県、山口県、高知県、熊本県、大分県、沖縄県)の政治家の皆さまのお願いしております。


■ 調査の進め方
 郵送での調査になります。可能なかぎりご協力いただければ幸いです。ご協力いただいた方は、ご芳名を報告書やウェブサイトに記載します。ご協力いただかなかった場合でも、不利益を受けることはありません。


■ 調査の時期
 アンケート用紙に記入が終わりましたら、12月4日(火)までに、同封した返信用封筒に封入の上、ご投函いただければ幸いです。


■ 調査に関するお問い合わせ
 調査に関するお問い合わせにつきましては、下記までお願いいたします。

 一般社団法人 中央調査社
 東京都中央区銀座6-16-12
 電話番号 0120(48)5351(フリーダイヤル) 担当:穴澤



プライバシーの保護について

一般財団法人日本情報経済社会推進協会 Pマーク事務局のサイトへ
  弊社は、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会の「プライバシーマーク」
 の使用許可を取得しています。
 ご協力いただきましたご意見等は、個人情報保護方針に従い、
 情報の管理を徹底いたします。

■ 皆様のお答えは、集計して統計的に処理いたしますので、個人のお名前とお答えの内容とを結び付けて公表されることは一切ございません。

■ 皆さまのお名前やご住所などの個人情報は、弊社が厳重に管理して本調査以外の目的で使用することは一切ございません。