実施中の調査

トップページ  >  実施中の調査

 『コロナ禍の保育における幼児の多様な人との触れ合う体験についてのアンケート調査』の概要 

一般社団法人 中央調査社は、東海大学 児童教育学部(研究責任者 天野美和子)から委託を受けて、「コロナ禍の保育における幼児の多様な人との触れ合う体験についてのアンケート調査」を実施しております。


■ 調査の目的
 保育現場において、2020年のコロナ禍以降、幼児の様々な人との触れ合いを通した学びの機会を保育者がどのようにつくり、幼児の人と関わる力の育ちを支えているかの状況を把握し、コロナ禍の保育現場における人との関わりに関連する保育内容や保育実践の課題や、感染に留意した人との交流の工夫等を明らかにすることを目的としています。


■ 調査をお願いする対象
 全国約400の幼児教育施設の保育者の方にお願いします。


■ 調査の進め方
 アンケート用紙を郵便でお送りいたします。
 ご記入がお済みになりましたら、お手数ですが、同封の封筒に入れてご返送ください。


■ 調査の時期
 2022年11月上旬~12月中旬


■ 調査結果の公表
 調査結果は、学会発表や学術論文とする予定です。


■ 調査に関するお問い合わせ
・調査に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
研究責任者:東海大学児童教育学部 天野美和子
連絡先:(ダイヤルイン)0463-63-4966
メールアドレス:amano.miwako.t@tokai.ac.jp

・アンケートの発送・返送に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
(実施委託先)一般社団法人 中央調査社
 東京都中央区銀座5-15-8時事通信ビル7階
 電話番号 03(3549)3125
 0120(48)5351(フリーダイヤル)
(受付時間 平日9時~17時)


プライバシーの保護について

一般財団法人日本情報経済社会推進協会 Pマーク事務局のサイトへ
  弊社は、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会の「プライバシーマーク」
 の使用許可を取得しています。
 ご協力いただきましたご意見等は、個人情報保護方針に従い、
 情報の管理を徹底いたします。

■ すべてのお答えは、全体として何パーセントというように数値やグラフにまとめ、個人のお名前やお答えの内容が公表されることは、一切ございません。

■ 皆さまのお名前やご住所などの個人情報は、弊社が厳重に管理して本調査以外の目的で使用することは一切ございません。